2011年度発表論文等一覧 | 国際感染症センター
メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 研究実績・活動実績 > 2011年度発表論文等一覧

2011年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Morlighem JE, Izumi S, Kudo K, et al.
    Mutation analysis of 2009 pandemic influenza A(H1N1) viruses collected in Japan during the peak phase of the pandemic.
    PLoS One. 2011;6:e18956.
  2. Fukushi M, Kirikae T, Kudo K, et al.
    Serial histopathological examination of the lungs of mice infected with influenza A virus PR8 strain.
    PLoS One. 2011;6:e21207.
  3. Higuera Iglesias AL, Kudo K, Manabe T, Takasaki J, Izumi S, et al.
    Reducing occurrence and severity of pneumonia due to pandemic H1N1 2009 by early oseltamivir administration: a retrospective study in Mexico.
    PLoS One. 2011;6:e21838.
  4. Manabe T, Pham TP, Takasaki J, Shimbo T, Izumi S, Kudo K, et al.
    Impact of educational intervention concerning awareness and behaviors relating to avian influenza (H5N1) in a high-risk population in Vietnam.
    PLoS One. 2011;6:e23711.
  5. Manabe T, Pham TP, Kudo K, Takasaki J, Izumi S, et al.
    Impact of education and network for avian influenza H5N1 in human: knowledge, clinical practice, and motivation on medical providers in Vietnam.
    PLoS One. 2011;6:e30384.
  6. Kawai Y, Izumi S, Kudo K, et al.
    One-step detection of the 2009 pandemic influenza A(H1N1) virus by the RT-SmartAmp assay and its clinical validation.
    PLoS One. 2011;7:e30236.
  7. Kudo K, Takasaki J, Manabe T, et al.
    Systemic corticosteroids and early administration of antiviral agents for pneumonia with acute wheezing due to influenza A(H1N1)pdm09 in Japan.
    PLoS One. 2012;7:e32280.
  8. Mizuno Y, Kato Y, Takeshita N, Ujiie M, Kobayashi T, Kanagawa S, Kudo K, Lim CK, Takasaki T.
    Clinical and radiological features of imported chikungunya fever in Japan: a study of six cases at the National Center for Global Health and Medicine.
    J Infect Chemother. 2011;17(3):419-23.
  9. Yamamoto K, Kato Y, Shindo T, Ujiie M, Takeshita N, Kanagawa S.
    Gingivostomatitis with fever and rash.
    Clin Infect Dis. 2012;54:392.
  10. Ujiie M, Moi ML, Takeda N.
    Dengue maculopathy in a traveler (Images in Clinical Tropical Medicine).
    Am J Trop Med Hyg. 2011;85(6):965-966.
  11. Mizuno Y, Kato Y, Kano S, Takasaki T.
    Imported malaria and dengue fever in returned travelers in Japan from 2005 to 2010.
    Travel Med Infect Dis. 2012;10:86-91.
  12. Takeshita N, Kanagawa S.
    Prevention of Pediatric Malaria in Japan.
    J Travel Med. 2011;18:363.
  13. Araoka H, Baba M, Tateda K, Ishii Y, Oguri T, Okuzumi K, Oishi T, Mori S, Mitsuda T, Moriya K, Nakamori Y, Ohmagari N, Yamaguchi K, Yoneyama A.
    In vitro combination effects of aztreonam and aminoglycoside against multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa in Japan.
    Jpn J Infect Dis. 2012;65(1):84-7.
  14. Amilasan AS, Ujiie M, Suzuki M, Salva E, Belo MC, Koizumi N, Yoshimatsu K.
    Outbreak of leptospirosis after flood, the Philippines, 2009.
    Emerg Infect Dis. 2012 Jan;18(1):91-4.

原著論文-和文

  1. 新藤 琢磨, 加藤 康幸, 山元 佳, 他.
    欧州からの輸入と考えられた麻疹症例.
    感染症発生動向調査週報. IDWR, 4月, 2011.
  2. 山内 悠子, 加藤 康幸, 氏家 無限.
    東南アジアから輸入された風疹の症例.
    感染症発生動向調査週報. IDWR, 5月, 2011.
  3. 大曲 貴夫, 高倉 俊二, 松村 康史, 杉山 知代, 竹下 望, 高橋 真菜美, 相野田 祐介, 後藤 亜江子, 知花 なおみ, 大城 健哉, 宇野 健司, 中山 章文, 久保 健児, 池田 紀男.
    日本の病院における血液培養採取状況および陽性率の実態調査−パイロットスタディ−.
    臨床微生物. 22(1):13-19, 2012.
  4. 倉井 華子, 大曲 貴夫, 伊藤 健太, 河村 一郎, 鈴木 純, 羽田野 義郎, 遠藤 正浩, 飯田 善幸, 沖中 敬二, 亀井 克彦.
    咽頭癌を疑われたパラコクシジオイデスの1例.
    Medical Mycology Journal. 2185-6486, 53巻1号, Page49-52.
  5. 羽田野 義郎, 大曲 貴夫, 鈴木 純, 河村 一郎, 冲中 敬二, 倉井 華子, 富岡 寛行, 絹笠 祐介, 大楠 清文.
    グラム染色で迅速に診断に至ったNocardia cyriacigeorgicaによる肺ノカルジア症の1例.
    日本呼吸器学会雑誌. 1343-3490, 49巻8号, Page592-596.
  6. 河村 一郎, 伊藤 健太, 羽田野 義郎, 鈴木 純, 倉井 華子, 大曲 貴夫, 笠原 敬.
    右下腹部痛を認めた発熱性好中球減少症の1例(症例検討会).
    日本化学療法学会雑誌. 1340-7007, 60巻2号, Page193-197, 3月, 2012.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Takeshita N, Mizuno Y, Lim C-K, et al.
    Immunity to Japanese encephalitis and booster vaccine efficacy in Japanese travelers. 12th Conference of the International Society of Travel Medicine.
    Boston, May, 2011.
  2. Yamauchi Y, Ujiie M, Takeshita N, Kato Y, Kanagawa S, Kudo K.
    Travel-related health problems: 6-year-study in Tokyo.
    12th Conference of the International Society of Travel Medicine. Boston, May, 2011.
  3. Kudo K, Manabe T, Nguyen Gia Binh, Takasaki J, Nguyen Dang Tuan, et.al.
    How would you predict where and when H5N1 avian influenza virus infection in human would occur? How would
    you treat H5N1 patients in your country?
    4th Oxford Influenza Conference 2011. Oxford, United Kingdom, Sep, 2011.
  4. Takasaki J, Manabe T, Uryu H, Yamada R, Jodai T, Kuroda E, Kobayashi N, Kudo K.
    Risk factors and successful treatment for hospitalized patients due to Pandemic H1N1 2009 in Japan.
    4th Oxford Influenza Conference 2011. Oxford, United Kingdom, Sep, 2011.
  5. Takasaki J, Manabe T, Uryu H, Yamada R, Jodai T, Izumi S, Kuroda E, Kobayashi N, Kudo K.
    Risk factors and successful treatment approach for hospitalized patients due to Pandemic H1N1 2009 in Japan.
    16th Congress of the APSR. Shanghai, Nov, 2011.
  6. Takeshita N, Kubota S, Kato Y, Ohmagari N.
    Central line-associated bloodstream infection surveillance in NCGM ICU.
    The 7th International Conference of Infectious Diseases Control in Hospitals. Hanoi, Dec, 2011.
  7. Manabe T, Anjarath Lorena Higera Iglesias, Maria Eugenia Vazquez, Mabriquez, Takasaki J, Kudo K.
    Socioeconomic factors influencing hospitalized patients with pneumonia due to pandemic (H1N1) 2009 in Mexico.
    Asian-African Research Forum. Kobe, Jan. 2012.
  8. Takasaki J, Dao Xuan Co, Nguyen Dang Tuan, Nguyen Gia Binh, Tuong Vu Van, Manabe T, Pham
    Thi Phuong Thuy, Ngo Quy Chau, Tran Thuy Hanh, Kudo K.
    Critically ill patients due to 2009 influenza A(H1N1) infection in Vietnam.
    Asian-African Research Forum. Kobe, Jan, 2012.
  9. Manabe T, Pham Thi Phuong Thuy, Kudo K, Vu Thi Tuong Van, Takasaki J, Nguyen Dang Tuan, Dao Xuan Co, Dang Hung Minh, Shinyu Izumi, Nguyen Gia Binh, Ngo Quy Chau, Tran Thuy Hanh.
    Impact of education and network for avian influenza H5N1 in human: Knowledge, clinical practice, and motivation on medical providers in Vietnam.
    Asian-African Research Forum. Kobe, Jan, 2012.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 加藤 康幸.
    一類感染症への対応を視野に入れた輸入マラリアの臨床研究.
    第85回日本感染症学会総会学術講演会, 東京, 4月, 2011.
  2. 水野 泰孝, 加藤 康幸, 竹下 望, 氏家 無限, 金川 修造, 工藤 宏一郎.
    トラベルクリニックにおける狂犬病発症予防接種の実施状況.
    第85回日本感染症学会総会学術講演会, 東京, 4月, 2011.
  3. 水野 泰孝, 加藤 康幸, 竹下 望, 氏家 無限, 金川 修造, 工藤 宏一郎, 狩野 繁之.
    最近5年間の輸入マラリア50例の検討.
    第85回日本感染症学会総会学術講演会, 東京, 4月, 2011.
  4. 橋本 亜希, 竹下 望, 照屋 勝治, 加藤 康幸, 目崎 和久.
    当院におけるカンジダ血症の臨床的検討.
    第85回日本感染症学会総会学術講演会, 東京, 4月, 2011.
  5. 山内 悠子, 森野 英里子, 高崎 仁, 小林 信之, 工藤 宏一郎, 竹下 望, 切替 照雄.
    肺結核 肺ノカルジア症を合併した一例.
    第85回日本感染症学会総会学術講演会, 東京, 4月, 2011.
  6. 氏家 無限.
    ワクチン接種による副反応の知識と実践.
    平成23年度検疫所職員初任者研修会・看護師特別プログラム, 6月, 東京.
  7. 山元 佳.
    渡航外来での黄熱ワクチン接種時予防相談.
    第15回日本渡航者医学会, 札幌, 7月, 2011.
  8. 氏家 無限.
    ワクチン診療に関するアンケート調査.
    第15回日本渡航医学会学術集会, 札幌, 7月, 2011.
  9. 竹下 望.
    熱帯感染症:アジアでみる、日本でみる.
    第1回市中病院でみる世界の感染症, 東京, 7月, 2011.
  10. 菅野 芳明, 高崎 仁, 渡辺 翔, 寺田 純子, 宇田川 響, 佐藤 彩野, 仲剛, 平野 聡, 放生 雅章, 竹田 雄一郎, 杉山 温人, 小林 信之.
    気質化肺炎と自己免疫溶血性貧血を同時に発症した関節リウマチの一例.
    日本呼吸器学会関東地方会. 千葉, 9月, 2011.
  11. 正木 晴奈, 藤田 雄, 高崎 仁, 飯倉 元保, 平野 聡, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 杉山 温人, 小林 信之, 工藤 宏一郎.
    Pemetrexedによる薬剤性間質性肺炎が疑われた1例. 第580回日本内科学会関東地方会例会(東京)2011年9月
  12. 山元 佳, 新藤 琢磨, 氏家 無限, 竹下 望, 大曲 貴夫, 加藤 康幸, 金川 修造.
    タイから帰国した口内炎、歯肉炎、全身性の発疹、発熱を呈した30歳男性.
    第60回日本感染症学会東日本地方会学術集会, 山形, 10月, 2011.
  13. 新藤 琢磨, 加藤 康幸, 山元 佳, 氏家 無限, 竹下 望, 金川 修造.
    輸入成人麻疹の2例.
    第60回日本感染症学会東日本地方会学術集会, 山形, 10月, 2011.
  14. 小林 泰一郎, 加藤 康幸, 山内 悠子, 氏家 無限, 竹下 望, 水野 泰孝, 金川 修造, 狩野 繁之, 工藤 宏一郎, 大曲 貴夫.
    リン酸プリマキンの日本人18例に対する使用経験 標準療法後に再発したブラジル帰国後の三日熱マラリアの一例を含めて.
    第60回日本感染症学会東日本地方会学術集会, 山形, 10月, 2011.
  15. 氏家 無限.
    西アフリカ(ベナン共和国)から帰国後に発症したデング熱の1例.
    第60回日本感染症学会東日本地方会学術集会, 山形, 10月, 2011.
  16. 高崎 仁, 工藤 宏一郎, 間辺 利江.
    高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)に対する治療戦略.
    第63回日本感染症学会東日本地方会, 山形, 11月, 2011.
  17. 山元 佳.
    鷄胚細胞培養型不活化狂犬病ワクチンによる発熱副反応.
    第15回日本ワクチン学会学術集会, 東京, 12月, 2011.
  18. 氏家 無限.
    当センターにおける黄熱ワクチン診療の実際.
    第15回日本ワクチン学会学術集会, 東京, 12月, 2011.
  19. 山元 佳.
    タイ、パタヤ滞在中発疹、口内炎、歯肉炎を認めた30歳男性.
    第1回臨床熱帯感染症研究会, 東京, 12月, 2011.
  20. 竹下 望, 島田 佳世, 目崎 和久, 窪田 志穂, 加藤 康幸, 照屋 勝治, 大曲 貴夫, 切替 照雄.
    2004-2009年に分離された2剤耐性緑膿菌に関する分子疫学調査.
    第27回日本環境感染学会総会, 福岡, 2月, 2012.
  21. 足立 遼子, 高橋 真菜美, 久保田 篤司, 朴 桂栄, 杉木 優子, 堀井 久美, 窪田 志穂, 沼 直美, 切替 照雄, 加藤 康幸, 大曲 貴夫.
    当院薬剤部における手指衛生キャンペーンの効果.
    第27回日本環境感染学会総会, 福岡, 2月, 2012.
  22. 松元 一明, 望月 敬浩, 大曲 貴夫, 竹末 芳生.
    「TDMガイドライン」コンセンサスミーティング バンコマイシン(会議録).
    日本化学療法学会雑誌. 1340-7007, 60巻, Suppl. A Page173.
  23. 大曲 貴夫.
    徹底比較 サンフォード熱病と感染症治療ポケットガイド 発熱性好中球減少症 敗血症(会議録).
    日本化学療法学会雑誌. 1340-7007, 60巻, Suppl. A Page103.
  24. 柳川 泰昭, 森野 英里子, 小林 信之, 大曲 貴夫.
    誤嚥性肺炎で入院加療中に生じたOchrobactrum anthropi菌血症の一例(会議録/症例報告).
    感染症学雑誌. 86巻臨増, Page36.
  25. 山元 佳, 竹下 望, 大曲 貴夫, 加藤 康幸, 國松 淳和.
    日本国内で生じた髄膜炎を伴わないW-135型髄膜炎菌菌血症の1例(会議録/症例報告).
    感染症学雑誌. 86巻臨増, Page362.
  26. 倉井 華子, 河村 一郎, 羽田野 義郎, 鈴木 純, 伊藤 健太, 大曲 貴夫.
    感染症対策・感染症診療の質を問う(会議録).
    感染症学雑. 86巻臨増, Page212, 3月, 2012.
  27. 大曲 貴夫.
    めざせ感染症専門医 感染症専門医に必要な修練とは(会議録).
    感染症学雑誌. 86巻臨増, Page143, 3月, 2012.
  28. 倉井 華子, 大曲 貴夫, 河村 一郎, 羽田野 義郎.
    当がんセンターにおける結核隔離の質評価(会議録).
    日本環境感染学会誌. 1882-532X, 27巻Suppl. Page101, 1月, 2012.
  29. 大曲 貴夫.
    検査室に求められる耐性菌検査 耐性菌検査に対するブレイクポイントの意味と落とし穴(会議録).
    日本臨床微生物学雑誌. 0917-5059, 21巻4号, Page96, 12月, 2011.
  30. 望月 敬浩, 羽田野 義郎, 鈴木 純, 河村 一郎, 冲中 敬二, 倉井 華子, 大曲 貴夫.
    微生物検査に着目したバンコマイシンの開始・終了のタイミング(会議録).
    日本化学療法学会雑誌. 1340-7007, 59巻, Suppl. A, Page247, 6月, 2011.
  31. 大曲 貴夫.
    臨床各科におけるMRSA感染症の治療戦略 内科領域におけるMRSA感染症の治療戦略(会議録).
    日本化学療法学会雑誌. 1340-7007, 59巻Suppl. A Page72, 6月, 2011.
  32. 大曲 貴夫.
    多施設感染症臨床研究推進の基盤作り 現場でのresearch question発掘から多施設共同研究にどうつなげていくか? 血液培養に関する多施設共同研究を例に(会議録).
    感染症学雑誌. 0387-5911, 85, 巻4号, Page413-414, 7月, 2011.
  33. 大曲 貴夫.
    リンパ系腫瘍の診断と治療入門 免疫不全者の感染症診療 特にリンパ系腫瘍に着目して(会議録).
    日本リンパ網内系学会会誌.1342-9248, 51巻, Page75-76, 6月, 2011.

著書・総説

単行本-英文

  1. MacDonald S, Kato Y, Wilder-Smith A.
    Eastern Asia. In: Infectious Disease: A Geographic Guide. Peterson, et al. ed. P. 139-154. Wiley-Blackwell, 2011.

単行本-和文

  1. 大曲 貴夫, 他.
    新訂版 感染症診療の手引き−正しい感染症診療と抗菌薬適正使用を目指して. 感染症診療の手引き編集委員会, シーニュ, 東京, 2011.
  2. 大曲 貴夫, 上田 晃弘, 藤田 崇宏, 岸田 直樹.
    免疫不全者の呼吸器感染症. 南山堂, 東京, 2011.
  3. 小林 泰一郎, 加藤 康幸.
    腸チフス・パラチフス, 細菌性赤痢を的確に診断する.
    臨床感染症ブックレット6 内科医がときに遭遇する特殊な感染症を診る. 中嶋一彦 前崎繁文 大曲 貴夫編. p.7-13. 文光堂, 東京, 2011.
  4. 來間 佐和子, 竹下 望.
    サイトメガロウイルス感染症.
    臨床医のための消化器内視鏡アトラス. 江川直人編, 医薬ジャーナル社, 大阪, p.260-261, 2011.
  5. 竹下 望.
    結核.
    免疫不全者の呼吸器感染症, 大曲 貴夫 他編, 南山堂, 東京, 203-207, 2011.
  6. 竹下 望.
    第2章 検査 感染症を疑ったときの痰検査.
    レジデントのためのポケットナビ 呼吸器. 中山書店, 東京, 82-87, 2012.
  7. 氏家 無限.
    第5章 治療 インフルエンザの治療.
    レジデントのためのポケットナビ 呼吸器. 中山書店, 東京, 218-224, 2012.
  8. 加藤 康幸.
    第6章 チーム医療 院内感染防止対策.
    レジデントのためのポケットナビ 呼吸器. 中山書店, 東京, 306-311, 2012.
  9. 氏家 無限, 金川 修造.
    海外在留邦人の健康対策.
    国際看護・国際保健. 弘文堂, 112-117, 2012.
  10. 氏家 無限.
    18 移民、難民、国際養子縁組みにおけるヘルススクリーニング.
    トラベル・アンド・トロピカル・メディシン・マニュアル. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 340-351, 2012.
  11. 氏家 無限.
    42 腸管内外の条虫症.
    トラベル・アンド・トロピカル・メディシン・マニュアル. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 383-698, 2012.
  12. 高崎 仁.
    2章 インフルエンザ.
    EBM呼吸器疾患の治療2011-2012. 中外医学社, 11-23, 2012.

総説-英文

  1. Levy-Hara G, Amábile-Cuevas CF, Gould I, Hutchinson J, Abbo L, Saxynger L, Vlieghe E, Cardoso FL, Methar S, Kanj S, Ohmagari N, Harbarth S.
    International Society of Chemotherapy Antimicrobial Stewardship Working Group. "Ten Commandments" for the Appropriate use of Antibiotics by the Practicing Physician in an Outpatient Setting.
    Front Microbiol. 2011;2:230. Epub 2011 Nov 24.

総説-和文

  1. 竹下 望.
    輸入消化管感染症に関する感染性大腸炎の鑑別診断.
    臨床消化器内科. 26(7):850-855, 6月, 2011.
  2. 竹下 望.
    海外渡航にあたっての感染予防.
    medicina. 48(7):2011-7, 7月, 2011.
  3. 大曲 貴夫.
    【"がん診療"を内科医が担う時代】 内科医が知りたいがんの知識 【抗がん剤と副作用対策】 がん化学療法における感染症対策 発熱性好中球減少症を中心に(解説/特集).
    Medicina. 0025-7699, 48巻13号, Page2104-2108, 12月, 2011.
  4. 加藤 康幸.
    新たに4類感染症に追加されたチクングニア熱.
    Medical Technology. 39:647-8, 2011.
  5. 加藤 康幸, 狩野 繁之.
    感染症サーベイランス−その役割と展望−それぞれの機関が果たす役割 医療機関.
    臨と微生物. 38:317-320, 2011.
  6. 大曲 貴夫.
    13−5−プライマリケアと救急を中心とした総合誌 院内感染症に強くなる!
    レジデントノート 11年7月号, 羊土社, 東京, 2011.
  7. 竹下 望.
    海外渡航者と多剤耐性菌.
    日本臨床. 70(2):324-328, 2月, 2012.
  8. 大曲 貴夫.
    【がん治療と感染症対策】 耐性菌に対する院内感染対策.
    癌と化学療法. 39巻2号, Page162-164, 2月, 2012.
  9. 大曲 貴夫.
    【感染症と抗菌薬の使い方-多剤耐性菌感染症時代の予防から治療まで】 多剤耐性菌の感染対策、病院内で起こる感染性下痢への感染対策(解説/特集).
    診断と治療. 0370-999X, 100巻3号, Page449-454, 3月, 2012.
  10. 大曲 貴夫.
    【はじめての感染症治療-教えるコツ・学ぶポイント】 治療状況に合わせた抗菌薬使用の考え方・教え方 De-escalationについて(解説/特集).
    感染と抗菌薬. 1344-0969, 15巻1号, Page54-57, 3月, 2012.
  11. 大曲 貴夫.
    電子システムを利用した病院感染管理(総説).
    感染症学雑誌. 85巻6号, Page620-625.
  12. 大曲 貴夫.
    【チームを動かすコンサルテーション】 コンサルトを受ける立場から.
    JIM: Journal of Integrated Medicine. 0917-138X, 22巻3号, Page220-222.
  13. 大曲 貴夫.
    【多剤耐性菌-多剤耐性菌の最新動向-】 多剤耐性菌に対する予防と治療 抗菌薬適正使用(解説/特集).
    日本臨床. 0047-1852, 70巻2号, Page298-304.
  14. 大曲 貴夫.
    感染制御から見た嫌気性菌感染症(解説).
    日本嫌気性菌感染症研究. 2185-1468, 41巻, Page34-39.
  15. 大曲 貴夫.
    【感染防止対策の最前線】 抗菌薬適正使用への道(解説/特集).
    Pharma Medica. 0289-5803, 29巻12号, Page55-58.
  16. 大曲 貴夫.
    【カテーテル関連血流感染を防ぐ-新ガイドラインにみるライン管理・予防戦略】 Basic カテーテル関連血流感染症の検査・診断と治療(解説/特集).
    感染対策ICTジャーナル. 1881-4964, 6巻4号, Page348-353.
  17. 大曲 貴夫.
    【抗菌薬適正使用のための22のルール】 抗菌薬投与を開始する前のルール(解説/特集).
    Clinical Pharmacist. 1883-051X, 3巻6号, Page510-514.
  18. 久保 健児, 大曲 貴夫.
    【ERで遭遇する一般市中感染症の診断と初期対応[後編]】 ERでのβラクタム抗菌薬にアレルギーのある患者への抗菌薬投与の考え方(解説/特集).
    ERマガジン. 1348-8090, 8巻3号, Page447-455.
  19. 大曲 貴夫.
    【呼吸器内科への他科依頼にどう応える】 がん患者の呼吸器感染症(解説/特集).
    呼吸器内科. 1884-2887, 19巻5号, Page441-44.
  20. 大曲 貴夫.
    【新版 感染症診療実践ガイド 有効な抗菌薬の使いかたのすべて】 主な感染症に対する実地医家の抗菌薬使用の実際 特定の患者、特定の病態での抗菌薬療法のポイントとコツ 好中球減少症患者(解説/特集).
    Medical Practice. 0910-1551, 28巻臨増, Page538-544.
  21. 羽田野 義郎, 大曲 貴夫.
    【. 院内感染症に強くなる!発熱患者の診かたから、院内肺炎、手術部位感染など、よくある疾患別対応まで】 【総論】感染症診療の基本 入院患者が発熱したときの基本的アプローチ 鑑別診断から治療開始まで(解説/特集).
    レジデントノート. 1344-6746, 13巻5号, Page817-822.
  22. 大曲 貴夫.
    【呼吸器・心臓外科領域の感染症に対する治療戦略】 呼吸器・心臓外科における抗菌薬選択、特にMethicillin-resistant Staphylococcus aureus陽性例に関して(解説/特集).
    日本外科感染症学会雑誌. 1349-5755, 8巻2号, Page127-136.
  23. 大曲 貴夫.
    発熱性好中球減少症(FN)マネジメントの現状と課題 血液悪性疾患領域にみられる感染症の原因菌および耐性菌の動向(解説).
    臨床血液. 52巻4号, Page177-181.
  24. 大曲 貴夫.
    【多剤耐性菌とその対策 問題の本質に迫る】 治療薬解説 わが国での上市が期待される新規抗菌薬 Daptomycin、Colistin Tigecycline(解説/特集).
    カレントテラピー. 0287-8445, 29巻4号, Page327-333.

その他