メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 研究実績・活動実績 > 2016年度発表論文等一覧

2016年度発表論文等一覧

更新日:2017年5月16日

原著論文-英文

  1. Toyokawa T, Hori N, Kato Y.
    Preparedness at Japan’s hospitals designated for patients with highly infectious diseases. Health Secur.
    15(1):97-103, Jan/Feb, 2017.
  2. Yamamoto K, Ohmagari N.
    Bacterial Tracheitis Caused by Haemophilus influenzae after Influenza.
    Intern Med. 55(8):1031, 2016.
  3. Yamamoto K, Hayakawa K, Nagamatsu M, Fujiya Y, Mawatari M, Kutsuna S, Takeshita N, Tamura S, Mezaki K, Ohmagari N.
    Bacteremia due to Arthrobacter creatinolyticus in an elderly diabetic man with acute cholangitis.
    Jpn J Infect Dis. 70(2):201-202, Mar 24, 2017.
  4. Toyokawa T, Hori N, Kato Y.
    Preparedness at Japan's Hospitals Designated for Patients with Highly Infectious Diseases.
    Health Secur. 15(1):97-103, Jan/Feb, 2017.
  5. Imai K, Tarumoto N, Amo K, Takahashi M, Sakamoto N, Kosaka A, Kato Y, Mikita K, Sakai J, Murakami T, Suzuki Y, Maesaki S, Maeda T.
    Non-invasive diagnosis of cutaneous leishmaniasis by the direct boil loop-mediated isothermal amplification method and MinION nanopore sequencing.
    Parasitol Int. Mar 11, 2017. pii: S1383-5769(17)30043-0, 2017.
  6. Kobayashi T, Hayakawa K.
    Minocycline-induced skin pigmentation.
    Infection. 45(1):129-130, Feb, 2017.
  7. Matono T, Hayakawa K, Hirai R, Tanimura A, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, Kutsuna S, Takeshita N, Mezaki K, Ohmagari N, Miyoshi-Akiyama T.
    Emergence of a daptomycin-non-susceptible Enterococcus faecium strain that encodes mutations in DNA repair genes after high-dose daptomycin therapy.
    BMC Res Notes. 9:197, Apr 1, 2016.
  8. Matono T, Kato Y, Morita M, Izumiya H, Yamamoto K, Kutsuna S, Takeshita N, Hayakawa K, Mezaki K, Kawamura M, Konishi N, Mizuno Y, Kanagawa S, Ohmagari N.
    Case Series of Imported Enteric Fever at a Referral Center in Tokyo, Japan: Antibiotic Susceptibility and Risk Factors for Relapse.
    Am J Trop Med Hyg. 95(1):19-25, Jul 6, 2016.
  9. Matono T, Kato Y, Yotsu R, Ohmagari N.
    Tungiasis: diagnosis at a glance.
    Lancet. 388(10041):275, Jul 16, 2016.
  10. Tsuboi M, Kutsuna S, Kato Y, Nakayama E, Shibasaki K, Tajima S, Takasaki T, Katanami Y, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N.
    Autochthonous Chikungunya Fever in Traveler Returning to Japan from Cuba.
    Emerg Infect Dis. 22(9):1683-5, Sep, 2016.
  11. Katanami Y, Kutsuna S, Morita M, Izumiya H, Ohnishi M, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kato Y, Ohmagari N.
    Six Cases of Paratyphoid Fever Due to Salmonella Paratyphi A in Travelers Returning from Myanmar Between July 2014 and August 2015.
    Am J Trop Med Hyg. 95(3):571-3, Sep 7, 2016.
  12. Tada T, Nhung PH, Miyoshi-Akiyama T, Shimada K, Tsuchiya M, Phuong DM, Anh NQ, Ohmagari N, Kirikae T.
    Multidrug-Resistant Sequence Type 235 Pseudomonas aeruginosa Clinical Isolates Producing IMP-26 with Increased Carbapenem-Hydrolyzing Activities in Vietnam.
    Antimicrob Agents Chemother. 60(11):6853-6858, Oct 21, 2016.
  13. Ishikane M, Hayakawa K, Kutsuna S, Takeshita N, Ohmagari N.
    Epidemiology of Blood Stream Infection due to Candida Species in a Tertiary Care Hospital in Japan over 12 Years: Importance of Peripheral Line-Associated Candidemia.
    PLoS One. 11(10):e0165346, Oct 31, 2016.
  14. Fujiya Y, Nagamatsu M, Tomida J, Kawamura Y, Yamamoto K, Mawatari M, Kutsuna S, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Mezaki K, Hashimoto M, Ishii S, Ohmagari N.
    Successful treatment of recurrent Helicobacter fennelliae bacteraemia by selective digestive decontamination with kanamycin in a lung cancer patient receiving chemotherapy.
    JMM Case Rep. 3(5):e005069, Oct 31, 2016.
  15. Ishikane M, Kamiya H, Kawabata K, Higashihara M, Sugihara M, Tabuchi A, Kuwabara M, Yahata Y, Yamagishi T, Odagiri T, Sugiki Y, Ohmagari N, Matsui T, Oishi K.
    Seasonal influenza vaccine (A/New York/39/2012) effectiveness against influenza A virus of health care workers in a long term care facility attached with the hospital, Japan, 2014/15: A cohort study.
    J Infect Chemother. 22(11):777-779, Nov, 2016.
  16. Hayakawa K, Mezaki K, Sugiki Y, Nagamatsu M, Miyoshi-Akiyama T, Kirikae T, Kutsuna S, Takeshita N, Yamamoto K, Katanami Y, Ohmagari N.
    High rate of multidrug-resistant organism colonization among patients hospitalized overseas highlights the need for preemptive infection control.
    Am J Infect Control. 44(11):e257-e259, Nov 1, 2016.
  17. Matsuyama R, Nishiura H, Kutsuna S, Hayakawa K, Ohmagari N.
    Clinical determinants of the severity of Middle East respiratory syndrome (MERS): a systematic review and meta-analysis.
    BMC Public Health. 6(1):1203, Nov 29, 2016.
  18. Takaya S, Kutsuna S, Nakayama E, Taniguchi S, Tajima S, Katanami Y, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kato Y, Kanagawa S, Ohmagari N.
    Chikungunya Fever in Traveler from Angola to Japan, 2016.
    Emerg Infect Dis. 23(1):156-158, Jan, 2017.
  19. Kutsuna S, Kato Y, Nakayama E, Taniguchi S, Takasaki T, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N.
    A case of consecutive infection with Zika virus and Chikungunya virus in Bora Bora, French Polynesia.
    J Infect Chemother. 23(2):114-116, Feb, 2017.
  20. Hayakawa K, Nagamatsu M, Mezaki K, Sugiki Y, Kutsuna S, Takeshita N, Yamamoto K, Mawatari M, Fujiya Y, Ohmagari N.
    Epidemiology of extended-spectrum beta-lactamase (ESBL) producing Escherichia coli in Japan: Characteristics of community-associated versus healthcare-associated ESBL E. coli.
    J Infect Chemother. 23(2):117-119, Feb, 2017.
  21. Takeshita N, Kawamura I, Kurai H, Araoka H, Yoneyama A, Fujita T, Ainoda Y, Hase R, Hosokawa N, Shimanuki H, Sekiya N, Ohmagari N.
    Unique characteristics of community-onset healthcare- associated bloodstream infections: a multi-centre prospective surveillance study of bloodstream infections in Japan.
    J Hosp Infect. 96(1):29-34, May, 2017. pii: S0195-6701(17)30119-6, 2017.
  22. Tsuboi M, Koizumi N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N, Kato Y.
    Imported Leptospira licerasiae Infection in Traveler Returning to Japan from Brazil.
    Emerg Infect Dis. 23(3):548-549, Mar, 2017.
  23. Yamamoto K, Hayakawa K, Nagamatsu M, Fujiya Y, Mawatari M, Kutsuna S, Takeshita N, Tamura S, Mezaki K, Ohmagari N.
    Bacteremia Due to Arthrobacter creatinolyticus in an Elderly Diabetic Man with Acute Cholangitis.
    Jpn J Infect Dis. 70(2):201-202, Mar 24, 2017.
  24. Katanami Y, Kutsuna S, Horino A, Hashimoto T, Mutoh Y, Yamamoto K, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Kato Y, Ohmagari N.
    A fatal case of melioidosis with pancytopenia in a traveler from Indonesia.
    J Infect Chemother. 23(4):241-244, Apr, 2017.
  25. Katanami Y, Hashimoto T, Takaya S, Yamamoto K, Kutsuna S, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Ohmagari N.
    Amoxicillin and Ceftriaxone as Treatment Alternatives to Penicillin for Maternal Syphilis.
    Emerg Infect Dis. 23(5):827-829, May, 2017.
  26. Takeshita N, Kawamura I, Kurai H, Araoka H, Yoneyama A, Fujita T, Ainoda Y, Hase R, Hosokawa N, Shimanuki H, Sekiya N, Ohmagari N.
    Unique Characteristics of Community-Onset Healthcare-Associated Bloodstream Infections: A Multicentre Prospective Surveillance Study of Bloodstream Infections in Japan.
    J Hosp Infect. 96(1):29-34, May, 2017.

原著論文-和文

  1. 加藤 康幸.
    エボラ出血熱 西アフリカにおける過去最大の流行.
    日本内科学会雑誌. 105:1803-1808, 2016.
  2. 加藤 康幸.
    海外渡航者における感染症の対応.
    日本臨床. 74:2052-2056, 2016.
  3. 加藤 康幸.
    ジカウイルス感染症の現状と動向.
    日本内科学会雑誌. 105: 2167-2173, 2016.
  4. 志波 大輝, 篠原 浩, 片浪 雄一, 山元 佳, 忽那 賢志, 竹下 望, 早川 佳代子, 金川 修造, 大曲 貴夫, 加藤 康幸.
    熱帯熱マラリアに電撃性紫斑病による四肢末梢壊死を合併した1例.
    日本臨床寄生虫学会誌. 27:99-104, 2016.
  5. 加藤 康幸.
    エボラ出血熱:西アフリカにおける過去最大の流行.
    日本内科学会雑誌. 106:405-408, 2017.
  6. 志波 大輝, 篠原 浩, 片浪 雄一, 山元 佳, 忽那 賢志, 竹下 望, 早川 佳代子, 金川 修造, 大曲 貴夫, 加藤 康幸.
    熱帯熱マラリアに電撃性紫斑病による四肢末梢壊死を合併した1例.
    Clinical Parasitology. 27(1):99-104, 2016..
  7. 氏家 無限, 加藤 康幸, 竹下 望, 金川 修造, 大曲 貴夫, 狩野 繁之.
    熱帯熱マラリア治療後に黒水熱を認めた1例.
    感染症学雑誌. 90(5):657-660, 2016.
  8. 藤谷 好弘, 竹下 望, 金川 修造, 山元 佳, 馬渡 桃子, 忽那 賢志, 早川 佳代子, 堀 成美, 加藤 康幸, 大曲 貴夫.
    成人における麻疹・おたふくかぜ・風疹混合(MMR)ワクチンの安全性と副反応.
    感染症学雑誌. 90(4):518-51, 2016.
  9. 忽那 賢志, 加藤 康幸.
    わが国における最初のジカウイルス感染症患者3例の報告.
    ウイルス. 66(1):75-78, 2016.
  10. 和田 耕治, 西塚 至, 竹下 望, 貞升 健志, 寺田 千草, 砂川 富正, 松井 珠乃, 岸本 剛, 前田 秀雄.
    東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関与する自治体における感染症対策のためのリスク評価.
    日本医師会雑誌. 145(7):1459-1468, 2016.
  11. 清水 久央, 原谷 浩司, 宮崎 将行, 掛樋 善明, 長見 周平, 片浪 雄一, 川端 寛樹, 高橋 信行.
    片側顔面神経麻痺で発症し抗菌薬を投与したが髄膜炎を再発したライム病1例.
    臨床神経学. 56(7):495-498, 2016.
  12. 橋本 武博, 早川 佳代子, 目崎 和久, 忽那 賢志, 竹下 望, 山元 佳, 片浪 雄一, 大曲 貴夫.
    当院におけるBacillus subtilis菌血症の症例報告および自験例10例の臨床的検討.
    感染症学雑誌. 91(2):151-154, 2017.
  13. 和田 耕治, 西塚 至, 竹下 望, 貞升 健志, 寺田 千草, 砂川 富正, 松井 珠乃, 岸本 剛, 前田 秀雄.
    東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に関与する自治体における感染症対策のためのリスク評価.
    日本医師会雑誌. 145(7): 1459-68, 2016.
  14. 氏家 無限, 加藤 康幸, 竹下 望, 金川 修造, 大曲 貴夫, 狩野 繁之.
    熱帯熱マラリア治療後に黒水熱を認めた1例.
    感染症学雑誌. 90(5):657-660, 9月, 2016.
  15. 忽那 賢志.
    ジカウイルス感染症.
    日本化学療法学会雑誌. 65(Supplement-A) 157, 3月, 2017.
  16. 石橋 正史, 宮尾 直樹, 忽那 賢志, 清水 英明, 三崎 貴子, 岡部 信彦.
    中南米における流行から初めてとなる、国内におけるジカウイルス感染症の発生例.
    日本化学療法学会雑誌. 65(Supplement-A) 354, 3月, 2017.
  17. 忽那 賢志.
    ジカウイルス・デングウイルスなど蚊媒介性感染症ウイルス 蚊媒介性感染症の臨床像の違い~デング熱, チクングニア熱, ジカ熱~.
    臨床とウイルス. 44(5) 221‐226, 1月, 2017.
  18. 忽那 賢志, 加藤 康幸.
    わが国における最初のジカウイルス感染症患者3例の報告.
    ウイルス. 66(1)75‐78, 6月, 2016.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Kimura M, Takada S, Koga M, Hasegawa C, Kato Y, Maruyama H.
    Imported malaria in pregnant women in Japan.
    The 6th Northern European Conference on Travel Medicine. London, UK (2016.6)
  2. Yuichi Katanami, Nozomi Takeshita, Kazuhisa Mezaki, Yoshikazu Mutoh, Koh Shinohara, Motoyuki Tsuboi, Takehiro Hashimoto, Kei Yamamoto, Satoshi Kutsuna, Kayoko Hayakawa, Norio Ohmagari.
    An analysis of hospital acquired bloodstream infection: How many cases can we prevent?
    Presented as IDWeek Posters in the Park – SHEA section at ID week, New Orleans, Oct, 2016.
  3. Kutsuna S, Hayakawa K, Takaya S, Katanami Y, Yamamoto K, Takeshita N, Kato Y, Kanagawa S, Ohmagari N.
    Spectrum of Enteropathogens Detected by the FilmArray Gastrointestinal (GI) Panel in a Study of Travelers' Diarrhea: A Completely New Epidemiology.
    Presented as an oral presentation at ID week, New Orleans, Oct, 2016.
  4. Kutsuna S.
    Current system against infectious diseases in Japan.
    International Symposium to commemorate launching of IICER held on May 16, 2016 at Korea Press Center, Seoul, Korea.
  5. Kutsuna S.
    Zika virus infection as STI.
    19th IUSTI Asia-Pacific Conference. December 2, 2016 at Okayama.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 永松 麻希, 忽那 賢志, 早川 佳代子, 田村 沙枝子, 目﨑 和久, 大曲 貴夫.
    培養法で診断不能な細菌感染症に対する遺伝子検査の検討.
    第28回日本臨床微生物学会総会, 長崎, 2016年1月.
  2. 加藤 康幸.
    エボラ出血熱:西アフリカにおける過去最大の流行.
    第113回日本内科学会講演会. 東京, 4月, 2016.
  3. 加藤 康幸.
    エボラ出血熱 西アフリカにおける過去最大の流行.
    第90回日本感染症学会学術講演会. 仙台, 4月, 2016.
  4. 加藤 康幸.
    エボラ出血熱:「いのち」を守る経験を生かしてパンデミックに備える.
    日本災害看護学会第18回年次大会. 久留米, 8月, 2016.
  5. 加藤 康幸.
    エボラ出血熱:西アフリカにおける過去最大の流行.
    第32回日本環境感染学会学術集会. 神戸, 2月, 2017.
  6. 山元 佳, 片浪 雄一, 忽那 賢志, 竹下 望, 早川 佳代子, 加藤 康幸, 金川 修造, 大曲 貴夫.
    Staphylococcus capitisによる大動脈解離後の感染性大動脈内膜炎の1例.
    第90回日本感染症学会学術講演会, 仙台, 4月, 2016.
  7. 山元 佳, 永松 麻希, 竹内 廉, 大曲 貴夫.
    Helicobacter cinaediの関与が考えられた菌血症を伴わない再発性皮膚病変.
    第90回日本感染症学会学術講演会. 仙台, 4月, 2016.
  8. 山元 佳, 金川 修造.
    平成25年度 小児医学研究振興財団研究助成金受賞者発表 新生児に対する風疹ウイルスPCR検査による先天性風疹感染の網羅的検索.
    第119回日本小児科学会学術集会, 札幌, 5月, 2016.
  9. 西田 順二, 大久保 節也, 山元 佳, 忽那 賢志, 竹下 望, 早川 佳代子, 大曲 貴夫.
    Mycoplasma pneumoniae髄膜炎と考えられた1例.
    第229回日本内科学会東海地方会, 浜松, 6月, 2016.
  10. 氏原 哲郎, 北浦 剛, 山元 佳, 忽那 賢志, 竹下 望, 早川 佳代子, 大曲 貴夫.
    感染性か結晶性かの診断に苦慮した椎間関節炎の一例.
    第631回日本内科学会関東地方会地方会, 東京, 3月, 2017.
  11. 小野 泰弘, 山元 佳, 武藤 義和, 片浪 雄一, 忽那 賢志, 竹下 望, 早川 佳代子, 大曲 貴夫, 戸田 祐太, 高崎 仁.
    骨破壊像に乏しい全脊椎に渡る多発病変を示した結核性椎体炎の一例.
    第631回日本内科学会関東地方会地方会, 東京, 3月, 2017.
  12. 山元 佳.
    指定発言 輸入感染症としての麻疹.
    第630回日本小児科学会東京都地方会講和会, 9月, 2016.
  13. 山元 佳, 片浪 雄一, 藤谷 好弘, 馬渡 桃子, 忽那 賢志, 大曲 貴夫, 加藤 康幸, 木村 幹男, 丸山 治彦.
    熱帯病治療薬研究班に登録された先天性および小児トキソプラズマ症(2013-2016年).
    第48回日本小児感染症学会, 岡山, 11月, 2016.
  14. 片浪 雄一, 忽那 賢志, 加藤 康弘, 山元 佳, 竹下 望, 早川 佳代子, 金川 修造, 大曲 貴夫.
    致死的経過をたどった類鼻疽の一例.
    第90回日本感染症学会総会・学術講演会, 宮城, 4月, 2016.
  15. 竹下 望.
    マラリア診療の課題.
    第90回日本感染症学会総会, 宮城, 4月, 2016.
  16. 竹下 望.
    髄膜炎の原因は?
    第18回“症例から学ぶ感染症セミナー”. 第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会, 新潟, 10月, 2016.
  17. 竹下 望.
    エボラウイルス感染症等の患者受け入れにむけた個人防護具トレーニングプログラムの導入.
    第32回日本環境感染学会総会, 兵庫, 2月, 2017.
  18. 忽那 賢志.
    輸入感染症診療の原則とピットフォール.
    日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集 65th-63rd 64 9月, 2016.
  19. 忽那 賢志.
    今、押さえておきたい国際感染症の対応.
    第90回日本感染症学会総会・学術講演会. イブニングセミナー, 宮城, 4月, 2016.
  20. 忽那 賢志.
    わが国における最初のジカ熱患者 3 例の報告.
    第90回日本感染症学会総会・学術講演会. シンポジウム 14 「Vector-borne Infection」, 宮城, 4月, 2016.
  21. 忽那 賢志.
    ジカウイルス感染症.
    日本先天異常学会学術集会プログラム・抄録集. 56th 67, 7月, 2016.

著書・総説

単行本-英文

  1. Rojek A, Carson G, Kato Y, Horby PW, Leblebicioglu H.
    Viral hemorrhagic fevers. In: Cohen J, Powderly WG, Opal SM (eds).
    Infectious Diseases 4th ed.: Elsevier, 1110-1118, 2017.

単行本-和文

  1. 加藤 康幸.
    エボラ出血熱.
    藤田次郎, 竹末芳生, 舘田一博(編):感染症最新の治療2016-2018.南江堂, 1-4, 2016.
  2. 加藤 康幸.
    感染と健康.
    中野正孝(編):最新保健学 公衆衛生・疫学.真興交易株式会社医書出版部, 95-119, 2016.
  3. 加藤 康幸.
    ウイルス性出血熱.
    福井次矢, 高木誠, 小室一成(編):今日の治療指針2017.医学書院, 172-173, 2017
  4. 片浪 雄一, 忽那 賢志.
    海外渡航帰りの患者のポイントを教えてください.
    レジデントノート. 19(1):79-83, 2017.

総説-和文

  1. 加藤 康幸.
    エボラ出血熱.
    感染症. 46:142-147, 2016.
  2. 加藤 康幸.
    エボラ出血熱に対する国内医療機関体制.
    JBSA Newsletter. 6:5-6, 2016.
  3. 加藤 康幸.
    海外におけるウイルス性出血熱の流行と日本におけるリスクアセスメント.
    Mebio. 33:1549-1553, 2016.
  4. 加藤 康幸.
    エボラ出血熱.
    臨床と研究. 93:1549-1553, 2016.
  5. 山元 佳, 忽那 賢志.
    予防接種/ワクチンで予防可能疾患(VPD)に関する最近の話題 「海外渡航者の予防接種 成人・高齢者」.
    臨床と微生物. 2016年5月号.
  6. 忽那 賢志.
    病歴と診察で診断できない発熱!その謎の賢い解き方を伝授します。さて、この検査をしよう!2)ESR対CRPの決着は?ESR・CRP・プロカルシトニン・白血球.
    総合診療. 27(4) 434‐437, 2017年4月.
  7. 忽那 賢志.
    診断力を超強化!症候からの内科診療 フローチャートで見える化した思考プロセスと治療方針 第1章 全身の症状 2.渡航後の発熱または下痢.
    レジデントノート. 19(2) 173‐179, 2017年4月.
  8. 片浪 雄一, 忽那 賢志.
    この“ひとこと”でがらりと変わる!医療面接のコツ 私が答えます!医療面接の「どうすればいいの!?」11)海外渡航帰りの患者のポイントを教えてください.
    レジデントノート. 19(1) 79‐83, 2017年4月.
  9. 忽那 賢志.
    みるトレ Special 3 デングっぽいけど....
    総合診療. 27(3) 375‐378, 3月, 2017.
  10. 武藤 義和, 忽那 賢志.
    高齢者Common Disordersの外来診療―鑑別診断と初期治療―高齢者の咳嗽・痰.
    成人病と生活習慣病. 47(1) 36‐40, 1月, 2017.
  11. 武藤 義和, 大曲 貴夫, 忽那 賢志.
    くりかえす発熱と下痢を主訴に来院した35歳男性.
    日本化学療法学会雑誌. 65(1) 31‐34, 1月, 2017.
  12. 忽那 賢志.
    ジカウイルス感染症.
    検査と技術. 45(1) 15‐17, 1月, 2017.
  13. 忽那 賢志.
    グローバル化する感染症対策 蚊媒介感染症 ジカウイルス感染症.
    月刊臨床と研究. 93(12) 1576‐1579, 12月, 2016.
  14. 忽那 賢志.
    その抗菌薬, 本当に必要ですか?経口抗菌薬を使うときはよ~く考えてから使おう!
    レジデントノート. 18(13) 2391‐2396, 12月, 2016.
  15. 忽那 賢志.
    新興・再興感染症 II.新興・再興感染症の予防・診断・治療 新興感染症 ジカウイルス感染症.
    日本臨床. 74(12) 2013‐2017, 12月, 2016.
  16. 忽那 賢志.
    感染症対策update―ひろげない, ふやさない, もらわない 新興再興感染症に対する備え.
    内科. 118(5) 959‐962, 11月, 2016.
  17. 忽那 賢志, 金川 修造.
    感染症の迅速診断―POCTの可能性を探る 蚊媒介性感染症.
    臨床検査. 60(10) 1112‐1116, 10月, 2016.
  18. 忽那 賢志.
    ジカ熱.
    感染症. 46(5) 164‐171, 9月, 2016.
  19. 忽那 賢志.
    地域で気をつけるべき感染症 総論:感染症診療で大切なこと.
    月刊地域医学. 30(8) 629‐633, 8月, 2016.
  20. 忽那 賢志.
    ジカ熱.
    モダンメディア. 62(8) 265‐269, 289(1), 8月, 2016.
  21. 忽那 賢志.
    かかりつけ医に必須の知識!!プライマリ・ケアに向けた地域医療武装講座 知っておきたい医療最前線 第1回 ジカ熱.
    月刊Clinic Bamboo. (424) 42‐45, 7月, 2016.
  22. 忽那 賢志.
    “賢い処方”と“ナゾ処方”ケース別“賢い処方”と“ナゾ処方”3)使ってはいけない!抗菌薬, なくてもよいのではないか?という抗菌薬「処方を憎んでクスリを憎まず」.
    総合診療. 26(6) 478‐480, 6月, 2016.
  23. 忽那 賢志.
    抗菌薬の考え方, 使い方―ホントのところを聞いてみました 呼吸器感染症 肺炎球菌性肺炎.
    Medicina. 53(7) 946‐948, 6月, 2016.
  24. 高谷 紗帆.
    アジアを中心とする成人水痘症例の検討.
    IASR. Vol.37, p164-165, 8月, 2016.

その他

講演・講習会・研究会

  1. 加藤 康幸.
    エボラの流行をふりかえる.
    日本遺体衛生保全協会研修会. 東京, 6月, 2016.
  2. Kato Y.
    Ebola virus disease: Experiences in the field.
    Hokkaido University Research Center for Zoonosis Control. Sapporo, Japan, Jul, 2016.
  3. 加藤 康幸.
    エボラ出血熱.
    帝京大学世界に羽ばたく医療人. 東京, 10月, 2016.
  4. 山元 佳.
    ワクチンの構成物.
    予防接種基礎講座. 東京, 3月, 2017.
  5. 山元 佳.
    演習(接種計画).
    予防接種基礎講座. 東京, 3月, 2017.
  6. 山元 佳.
    MERS.
    輸入感染症講習会. 東京, 9月, 2016.
  7. 山元 佳.
    小児・妊婦のトラベラーズワクチン.
    第6回トラベラーズワクチン講習会. 東京, 6月, 2016.
  8. 山元 佳.
    海外留学生の感染症.
    第31回トラベラーズワクチンフォーラム. 東京, 2月, 2017.
  9. 山元 佳.
    マイコプラズマ感染症.
    佐久医療センター訪問指導レクチャー. 長野, 2月, 2017.
  10. 片浪 雄一.
    食事とトラベラーズワクチントラベラーズワクチン講習会. 東京, 6月, 2016.
  11. 片浪 雄一.
    最近話題の輸入感染症について.
    第1回院内感染対策講習会. 奈良, 6月, 2016.
  12. 片浪 雄一.
    成人に対する予防接種の現状と考え方.
    院内感染対策地域連携小カンファレンス. 東京, 7月, 2016.
  13. 片浪 雄一.
    輸入感染症講習会. 東京, 7月, 2016.
  14. 片浪 雄一.
    発熱, 呼吸困難をきたした40歳男性.
    聖路加カンファレンス. 東京, 7月, 2016.
  15. 片浪 雄一.
    海外からの発熱患者.
    第11回輸入感染症講習会. 東京, 10月, 2016.
  16. 片浪 雄一.
    National Center ID Conference. 東京, 12月, 2016.
  17. 片浪 雄一.
    2016年度第2回 院内感染対策地域連携小カンファレンス. 東京, 1月, 2017.
  18. 片浪 雄一.
    ジカウイルス感染症について.
    東京空港検疫所支所保健衛生協議会. 東京, 1月, 2017.
  19. Nozomi Takeshita.
    Rapid Diagnosis and Better ID management. Infectious Disease Symposium Prof. dr. Sulianti Saroso Infectious Diseases Hospital Preventing Emerging Infectious Disease: A strategy for The 21st Century Overview, Jakarta, May, 2016
  20. 竹下 望.
    海外渡航歴があると, どのような課題があるか?.
    第1回国際的なマスギャザリングに関するレクチャーシリーズ. 東京, 6月, 2016.
  21. 竹下 望.
    怪我とトラベラーズワクチン.
    第6回トラベラーズワクチン講習会. 東京, 6月, 2016.
  22. 竹下 望.
    日本に黄熱を持ち込ませないために:黄熱ワクチン外来.
    メディアセミナー黄熱の流行と日本の備え. 東京, 7月, 2016.
  23. 竹下 望.
    医療従事者の健康管理.
    2016年JICA院内感染管理者養成研修. 東京, 8月, 2016.
  24. 竹下 望.
    サーベイランス(シミュレーション訓練).
    2016年JICA院内感染管理者養成研修. 東京, 8月, 2016.
  25. 竹下 望.
    日常診療で気をつける感染症.
    平成28年度公益社団法人中央区医師会管外保険講習会. 神奈川, 10月, 2016.
  26. 竹下 望.
    髄膜炎の原因は?
    第18回“症例から学ぶ感染症セミナー”. 第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会, 新潟, 10月, 2016.
  27. 竹下 望.
    帰国後診療の現状.
    平成28年度検疫担当者研修会. 東京, 2月, 2017.
  28. 忽那 賢志.
    抗菌薬を大事に使おう.
    岡山大学 インテンシブコース特別編 臨床感染症. 2016年4月22日 岡山大学.
  29. 忽那 賢志.
    特殊な感染症医ができるまで~これまでの歩みと現在の仕事~.
    関西HIVカンファレンス. 2016年5月7日. 大阪医療センター緊急災害医療棟3階
  30. 忽那 賢志.
    日本を取り巻く新興再興感染症.春季群馬県医学会.
    2016年6月3日 群馬メディカルセンター
  31. 忽那 賢志.
    蚊媒介感染症の知識と予防.
    新宿区保健所. 新宿区立産業会館(BIZ新宿)
  32. 忽那 賢志.
    日本をとりまく新興・再興感染症.
    2016年7月2日. 第15回奈良総合診療研究会.
  33. 忽那 賢志.
    感染症から見た世界と日本.
    2016年7月8日. 第12回国立病院機構 近畿学生フォーラム.
  34. 忽那 賢志.
    ジカウイルス感染症.
    2016年7月14日. 町田市医師会
  35. 忽那 賢志.
    日本を取り巻く進行再興感染症 ~デング熱・ジカウイルス感染症を中心に~.
    2016年7月15日. 市立福知山市民病院 院内感染症講習会
  36. 忽那 賢志.
    蚊媒介性感染症 ~日本脳炎とジカウイルス感染症を中心に~.
    2016年7月21日. 千葉市医師会 予防接種講習会
  37. 忽那 賢志.
    蚊が媒介する感染症~特にジカ熱, デング熱, チクングニア熱について.
    2016年7月23日. 兵庫県保険医協会 特別研究会
  38. 忽那 賢志.
    ジカ熱, MERSなど話題の輸入感染症対策, 針刺し事故対策など開業医が知っておくべき院内感染防止対策の基礎知識.
    2016年9月10日. 練馬区医師会 院内感染防止講習会
  39. 忽那 賢志.
    抗菌薬を大事に使おう.
    2016年9月17日. HAICSキャリアディベロップメント講座
  40. 忽那 賢志.
    ジカウイルス感染症について.
    2016年10月1日. 国立感染症研究所市民公開講座
  41. 高谷 紗帆.
    2016年6月30日.Tropical Infections seminar: case presentation
  42. 高谷 紗帆.
    IDATEN サマーセミナー in 金沢.2016年7月30日渡航者への発熱のアプローチ