メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > COVID-19回復者の抗体測定・血漿採取の参加者募集

COVID-19回復者の抗体測定・血漿採取の参加者募集

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 回復者の方を対象とした研究について

国立国際医療研究センター国際感染症センターでは、
COVID-19から回復した方から採血の抗体(ウイルスに対抗できる成分)を測定し、抗体が十分ある方には血漿提供(成分献血)をお願いしています。COVID-19から回復者した方の血漿は、COVID-19と診断された患者さんにおいて回復を早めるのではないかと考えられており、備蓄して治療目的で使用します。

参加してくださった場合、一般的な抗体検査キットよりも詳しい検査結果を知ることができます。また、新型コロナウイルス感染症で苦しんでいる方を救うことで社会や医療に貢献できる可能性があります。

COVID-19と診断され回復した方で、20~69歳までの方にご協力をお願いしています。また、男性で45kg以上、女性で40kg以上の体重が必要です。研究での抗体測定は、発症から3週間以降から測定可能です。
より詳しく知りたい方は、研究の説明書をお読みください。

 


ご協力くださる方は、次の1~3に沿って準備していただけるとスムーズです。

  1. この下の案内をお読みの上、研究に参加できるか確認してください。
    (わからない場合は研究事務局に問い合わせてください)
  2. COVID-19と確定診断された病院から受け取った書類のうち、COVID-19発症を証明できる書類(発症日やPCR陽性日が記載されている書類)を準備してください。お持ちでない場合は、COVID-19と確定診断された病院に連絡して、退院サマリー・治癒証明書・診断書など、COVID-19発症を証明できる書類を受け取ってください。この研究用に作成した、簡易な治癒証明書[PDF]を使用しても構いません。
  3. 以下の問い合わせ先の COVID回復者血漿 研究事務局 に連絡して、来院の予約を行ってください。
    申し込みフォームからも受け付け可能です(受付完了について、事務局より折り返しご連絡をします)。

◆問い合わせ◆
  COVID回復者血漿 研究事務局
  忽那 賢志、齋藤 翔、寺田 麻里
  03-3202-7181 (代表)(月~金 8:30~17:15)
 
  
COVIPLA 募集イラスト1


※以下の〇週間以内や〇ヵ月以内は、血漿採取を行う日を基点として数えますので、どれかに当てはまる場合でも、一定期間経過したら参加できる可能性があります。
   COVIPLA 募集イラスト2


※COVID-19と確定診断され回復された方がこの研究の対象となります。確定診断されていない方の抗体測定は行っておりませんのでご了承ください。
  
 

研究の来院日が確定したら

来院当日の流れについてご説明します。

  1. 当日は、COVID-19発症を証明できる書類保険証をお持ちください。
    この研究で必要な採血や診察には費用はかかりませんが、本人確認などのために保険証のご持参にご協力をお願いします。
  2. 病院にお越しください。最寄り駅は、都営大江戸線の若松河田駅です。東京メトロ副都心線の東新宿駅、東京メトロ東西線の早稲田駅からもお越しいただけます(徒歩10~15分ほどかかります)。
    住所: 東京都新宿区戸山1-21-1
  3. 病院に入ったら、まず初診受付で保険証確認などの必要な手続きを行い、診察券などを受け取ってください。その後、初診受付から感染症外来への行き方をご案内します。
  4. 感染症外来に到着したら、受付で回復者血漿の研究で来院したことを伝えてください。受付係、看護師等がご案内いたします。
  5. 診察の順番が来たら、医師から研究の詳細について説明し、同意いただける場合は同意のご署名をいただきます。また、研究に参加できるかもう一度確認します。
    ※差し支えのない範囲で他の研究についてもご案内する場合があります。
  6. 研究において必要な検査(血液検査と心臓超音波検査)を行います。
  7. 会計に書類を提出して終わりです(研究で必要な検査・診察の費用はかかりませんが、手続き上、会計への書類提出が必要です)。その後、2週間程度(祝日等の影響で多少遅れる場合があります)で結果をお知らせします。抗体が十分あると判断された場合は、血漿採取の日程調整も行います。